| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

振り返る一年


2012年新たな一年のはじまりですね。。。
早かった本当に昨年の一年は今までにないぐらい
あっという間の一年でした。

お義父さんが亡くなり
その一ヶ月後の東日本大震災

気持ちがいっぱいいっぱいでした。
辛いことがありすぎて。。。

でも一年振り返ってみると素敵な思い出がたくさんありました。

親戚の結婚式



美男美女のカップルでとても綺麗でした
幸せいっぱい感じました

20116252.jpg

亡くなった、お義父さんの席も用意していただいていて
亡くなった義父もとても嬉しかったでしょう。。。
この日をとても楽しみにしていたから

20116251.jpg

やっぱり結婚式って良いな。。。

20113253.jpg

夏には雄国沼(おぐにぬま)に行きました。
福島県北塩原村(裏磐梯)にあるカルデラ湖
ニッコウキスゲの大群落で有名で国の天然記念物に指定されているところに
初体験♪

20117311.jpg

ここに辿り着くにはシャトルバスが出てるんだけど
山のてっぺんまで、狭いぐにゃぐにゃ道を物凄い勢いで運転する運転手さん(;一_一)

20117312.jpg

おかげで皆、○○状態(苦笑)
けど、天気は悪かったけれどニッコウキスゲがとても綺麗で感動

2011070313050000.jpg

子供たちの夏休みは。。。

2011876.jpg

猪苗代湖へ4家族でバーベキューと湖水浴

2011872.jpg

湖水に不可解な生き物がいると思ったら
我が家の旦那(笑)
ぽっちゃり親父ラッコ

P1060393.jpg

子供たちは大きな穴を掘ってプール作るんだ!!
って意気込み穴を掘り掘り

2011875.jpg

妹の旦那も一生懸命掘り掘り(笑)
私たちより子供たちと年齢が近いから
子供と遊んでるほうが楽しいのかな?^_^

P1060413.jpg

いつの間にか、そこに親父ラッコも加わってた(;一_一)

2011874.jpg

そして、うちの坊ちゃま
お顔見せれないのが残念だけど
カメラ向けると。。。変顔ポーズ

2011873.jpg

この写真も実は物凄い変顔。。。
ラッコ親父の血を色濃くひいたようです

2011871.jpg

夏も終わりに近づいたころ
夏祭りにも出かけました。

はい。この写真も我が家の坊ちゃま変顔です。
かき氷すすりながらでもカメラを向けると変顔は絶対忘れないようです

2011910.jpg

甥っ子♪とってもイケメンなんだ!!
もこみちに似てる!!!と私は思っている
将来が楽しみだ うん。

20119101.jpg

秋には那須に遊びにも行きました。
トリックアートの館なるものに行ったけど。。。

2011101015470000.jpg

あまり楽しくなかったと子供たち(*_*;

201110103.jpg

なんだかんだ言って写真は撮って喜んでたけど

一番楽しんでたのは、ラッコ親父

便器から顔出して。。。変顔
見苦しい写真でごめんなさい(;_:)

201110101.jpg

小悪魔3匹も病気もなく元気な一年でありました。
ただ。。。小悪魔たちの写真を撮ったSDカードが見つかりません(泣)
震災で散乱した部屋を片付けたりしてるうち
どこかに紛れてしまったのか。。。?
探し物って、その時見つからなくて
忘れたころに、あっ!こんなとこにあった!なんて良くあることで(-_-;)
そのうち見つかるかなぁ
早くPCにおとしとけば良かった
まぁそんなこんな色々ありましたが

今年はどうか平和な一年でありますように。。。
皆さまにとってもHappyな一年でありますように。。。
スポンサーサイト

| 日記 | 15:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

震災


震災から早8か月
今でも あの日のことを思い出すと色々なことが
蘇ります。



震災があった日、私は実家のある 隣市へ行っていました。
あの地震があった時間は子供たちの下校時間で
地震がおこっている間、子供が心配で心配で仕方ありませんでした。
家に留守番しているワンコ達がどうしているかとか
大丈夫かなとか色んなことが頭の中を駆け巡って。。。

電話も繋がらない学校や家へ連絡しようもなく
無我夢中で車を走らせ先に
通学路を子供を探しながら学校へ向かいました。

学校では生徒が校庭へ避難していて、泣き叫んでる子たちや怯えた表情の子
恐怖で歩くことも出来ず、母親に抱きかかえられて帰る子がいました。

上のお姉ちゃんは校庭へ避難しているのを見つけられたのに
息子の姿は無く、先生へ確認すると『もう下校してしまっていました』と言われ
真っ青になりながら探しました。
道路には倒れた塀や落ちた瓦。。。盛り上がったり陥没した道路
パニック状態に陥りそうになりながらも(いや、パニック状態だったと後に旦那から聞かされました)

無事に息子を見つけられたのは地震から一時間位あとでした
色々な方に助けてもらったり保護していただいていたのです。

皆無事で良かった。。。。

息子が覚えている範囲で震災が落ちついた後、助けていただいた家の方に
お礼にいきました。

その方は、下校途中の息子たちを見つけ『そっちを歩いていては危ない!!!瓦が落ちる!!!こっちに来なさい!!』そう言った直後に瓦がバラバラ落ちてきて。。。
間一髪だったそうです。

その後は中学生のお姉さん二人が危ないからと付き添って途中まで歩き
その次は家で保護してくださった方が余震がおさまってから車に乗せて学校へ
連れて行く途中で息子と行き会えたのです。

助けてくださった方々を今でも本当に感謝しています。

息子は興奮しながら車の中で
『瓦が凄い落ちてきてね、アパートの壁が落ちたりマンホールの蓋が飛んだんだよ!!!』
と話していましたが、家に戻り家の中を見て
改めて凄い地震だったのだと、ただただ唖然

2011031121300001.jpg

撤去する際に大人の男性4人がかりでやっと持ち上げた蓄熱暖房機

2011031121300002.jpg

クローゼットの中から色々なものが全て出てしまっていた息子の部屋

2011031121310000.jpg

寝室の引き戸が倒れて蓄熱暖房機も固定の金具がむしり取られ移動
してました。
パソコンが見事なまでに吹っ飛んで凄い位置に(;_:)


家の中に子供たちが居なくて良かった。。。その時は本当にそう思いました。

わんこ達の部屋の上は吹き抜けで屋根裏部屋を作っている途中だったので
屋根裏にあった全てのフロア材などが
ゲージに付き刺さった形で落ちていました
犬たちの姿も見えず声も聞こえず
旦那は、もう犬は駄目かも。。。そう思ったそうです。
でも、突き刺さったフロア材や木材の間に小さくうずくまって震えている
3匹を見つけた時は『こっちにおいで』と言っても
ただ震え怯えているだけで木材をよけ抱き上げてもずっと震えたままでした
凄く怖かったよね。。。
でも、良かった。。。良かった。。。みんな無事で。。。

現在は我が家は半壊で済んだものの、周りの家は全壊で建て直している家も
少なくありません

まだ家があるだけ命があっただけ、どんなに幸せか
改めて日々の大切さ命の尊さを感じさせられます。

今も大変な暮らしを強いられている方々
大切な人を亡くし苦しんでいる方々が
1日でも早く元の生活に戻れるよう祈ることしか今は出来ない自分が悲しいです。。。


アンジュママさんへ
 コメントいただいていたのに、お返事できないでいてごめんなさい。。。
 アンジュママさんの家がもしかしたら沿岸部ではないかと心配でしたが
 震災後、携帯からブログを見て皆が無事と分かり安心していました。
 けれど親戚の方々も亡くなられたと知りとても複雑な思いでいっぱいです
 ご冥福をお祈りいたします。。。
  

| 日記 | 10:04 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子供たち


我が家のチビちゃん達、明日で夏休みが終わりってことで
何やら念じてます
『夏休みのびろーーのびろーーーっつ』(笑)




**************



盆が明けてから天気が悪い日が続いてるので
外で遊ぶことも
もちろん、わんこ達の散歩もしません


私たちの住んでいる地域は比較的、放射能量は少ないですが
やはり雨は避けたいです





震災後は外で元気に遊ぶ子供の姿もあまり見かけなくなりました


家の近くの池でザリガニ釣りを楽しむ子供の姿もありません


目に見えないもののせいで
子供たちが我慢を強いられています


これからどうなっていくのでしょう。。。


未来ある今を生きる子供たちが危険にさらされ

それでも原発は必要なのでしょうか?

| 日記 | 17:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感謝

震災後、すぐに遠くから駆けつけてくれた友人
はるべる遠方から何時間もかけて、皆からの物資を積んできてくれた主人の友人
水や食べ物が手に入らず困っているときに届けてくれた他県に住む義弟夫婦
何か出来ることはないかと考えに考え、募金をしてくれた友人
お菓子や食べ物を送ってくれた友人
無事を心配して励ましてくれた友人

改めて。。。本当にありがとう

そして、たくさんの方達が被災地のことを思い助けてくださっている

優しい気持ちをもった人たちがたくさんいる日本
そして日本を思ってくれる世界の人々


だから、皆頑張ろうって思えるのですね。。。


本当に感謝いたします

| 日記 | 18:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東日本大震災から5か月が過ぎましたが。。。
私の中では、つい最近のように今も感じます

今日も福島では震度5弱の地震がありました

大きな振れがある度に、あの日の恐怖が今でも蘇ります


*********


震災の一か月前に同居の義父が亡くなったばかりというのもあって
まだ心の傷が癒えないうちに
津波で亡くなってしまった方たちの
悲しみ苦しみを見たり聞いたり
人の生と死を考えるだけで
とても怖くて悲しくて泣いてばかりいました。


そして原発のこと風評被害
福島県民というだけで何も悪いことしていないのに
他県の避難先でひどい目にあわされた方も少なくありません


栃木県の某ラーメン屋さんでは
福島ナンバーのお客様は誰ですか?と聞き
誰か分かると
お代はいらないから今すぐ帰ってくれと言われた方。

他県へ遊びに行けば、煙草を投げつけられ暴言を吐かれた家族。

車のタイヤをパンクさせられ悪戯書きをされた方。。。


たった一部だけ心ない人たちがいることに、とても悲しく悔しい思いです


上を向いて歩こう

けれど未来を信じ、上を向いて一歩。。。また一歩
歩いて行かなくちゃいけない


そう強い気持ちで前を向いている方たちがたくさんいる


それなのに。。。


時たま心折れそうになる弱い自分が悲しい。。。




そんな私でも、自分なりに出来ること考えて
前に進んでみよう

人の為になる仕事がしたいと

今まで想像もしていなかった道へ歩き出しました
まだまだ、これから学ばなければならないことがたくさんあります


不安になる時もあるけれど、逃げないで頑張りたい





そんな思いで少しだけ、前に進めた今日この頃。。。

| 日記 | 18:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。